キッチンリフォームの基本

キッチンリフォームの基本


まずキッチンを交換されると思っている方、今度のキッチンはどのようなキッチンにされたいと思っているでしょうか。
システムキッチンですので、扉の色、カウンター、加熱機器、水周り関係のシンク、シンクは今、ステンレスもありますし、人造大理石、そして食器洗い機を付ける方は、今半数以上になっています。

見た目、使い勝手もそうなのですが大事なのは、どういう位置に設置するか、というのがあります。
今実際お宅に付いているシステムキッチンの位置、この位置にあなたがつけるかどうか。
また、壁に向いている場合にはリビングの方を向く対面型のキッチンの形にする、もしくはL型にする。
キッチンのリフォームは色々な形にすることが出来ます。

そして重要なことはカウンターの高さ、吊戸の位置です。
どんなに良い商品がついていても、どんなに綺麗な扉が付いていても、使い勝手が悪いと、毎日のキッチンの作業に支障がでます。
実際のカウンターの高さは、お使いになられる方の身長÷2+5㎝というのが目安です。
おそらく今まで使っているキッチンは低い方が多いと思っている方は非常に多くて、それでキッチンを換える方もいらっしゃいます。

さらに吊戸のキャビネットの位置ですが扉を開けた時に一番下の段がどうにか手が届く、台に乗らなくても届く位置がどの辺に来るのか。
その辺りも非常に重要になります。
キッチンメーカーによっては吊戸の上の方の棚が電動で下りて来たり、手動でゆっくり下りて来たりそのような商品もございますので、全ての部位をどのようにするのか各キッチンメーカーのショールームに
お出掛け頂くことをお勧めします。

キッチンのショールームをお出掛けの際には、是非カウンターを触って頂き、高さ、吊戸の位置を確認し、同時に加熱機器、食器洗い機などの商品もお選びいただき、そして重要な扉の色を決めて頂くことが必要です。
壁に関しましてはタイルが一般的でしたが、今はキッチンパネルというものがございます。
タイルと違ってネジがないのでお掃除が非常に楽になっております。
もちろん熱に対する強さもあります。

コメント・メッセージお気軽に!

メールアドレスは公開されません。


*