収納のテクニック

収納のテクニック


生活空間のない収納は憧れます。
共働きの方がたくさんいらっしゃいます。
雑然と物があふれてしまいます。
そういう部屋では落ち着かない時もあります。

極力生活空間のない収納をしてすっきりとしたライフスタイルにしようが理想です。
今住んでいる家でもちょっとした工夫で近づくことが出来ます。
そういった家に近づく為にはふたつのポイントがあります。
家族の方が使う公共のスペースがリビングダイニングですけれど、その部分と、1人1人の個人のプライベート空間を分けて考える必要があります。
公共性の高いリビングダイニングに関しては見えない収納で考えます、プライベート個人のスペースに関しては見える収納という風にゾーンで分けて考える。

もうひとつは、収納する場所がたくさんあると、どんどん入れてしまうので、満タンにいれない。
7割くらいにおさえておくと、物を置いていても美しさが出ます。
そういったことをふまえて間取りでも、効率的なことが出来れば良いです。
使えるか使えないかで考えるのではなく、そうするとすべて使えるもので取っておくことになります。
物を減らせる魔法の言葉は、今使っているか、今使っていないか。
それが判断の一番大事なところです。

コメント・メッセージお気軽に!

メールアドレスは公開されません。


*