見積もりの上手な取り方

見積もりの上手な取り方


見積もりを取るときは少なくとも2社から、基本は3社以上から見積もりを取られるのをオススメします。
馴染みの業者や工務店があって何度もお願いしてるので、今回もお願いするという方は、その会社1本でいいかと思いますが、この度新たに業者を見つけてリフォーム工事を考えておられる方は2,3社でとってください。

どうして最低2社以上の見積もりやプランニングが必要かと言うと、仮にA社とB社に合い見積もりを取るとします。
そして2社共に合い見積もりを取っている事を伝えてください。
そうするとお互いどちらかが工事の受注が貰えて、どちらかが断られると分かっていて見積もりやプランニングを作ってくれます。
そうすることで金額的には、あまりにも高い見積もりを防ぐことが出来ます。

またプランに関しても両者が、片方の業者のデメリットを教えてくれます。
当然自分の会社でリフォームをして欲しいので当然ですよね。

その中で、思っても見なかった良い案やプランが出てきたりするのも一つのメリットです。
そして金額とプランニングの両方から見て、業者を決めるのがオススメです。

1社では金額の競争がないかも知れませんし、プランに関しても、ありきたりな物かもしれません。
見積もりは最低2社以上から取ることが、良いリフォームのはじめの1歩です。

コメント・メッセージお気軽に!

メールアドレスは公開されません。


*