失敗しない業者の選び方①

失敗しない業者の選び方①


まずあなたが考えないといけないのが、どうしてリフォームを行いたいのかを明確にすることです。
リフォームを行う動機は、今もしくは今後生活に何かストレスになるものがあるとか、支障をきたすものがあるなど、それを解消するために行うというのがリフォームの本質的な動機だと思います。

ですので今、もしくは今後あなたが何に不自由やストレスを感じているのかを何故リフォームしたいのかを明確にしましょう。
そしてリフォームしたい動機が明確になれば、次はそれを今後どのように解消していきたいのかを考えます。

どうしてこのように明確にするかというと、業者を選ぶ時に担当者は、なぜそのリフォームがしたいのか、どういうふうにリフォームがしたいのか、この2点をまず知りたがります。
これを知らない事には的確なプランニングが出来ないからです。

また、どのようにしたいかについては、10年後のライフスタイルを考慮したプランニングが必要です。
間取りを変えるリフォームなどは、頻繁にするものではありませんし、設備機器についても10年程は使用するからです。

その時に10年、20年後に子供が一緒に生活しているのか、家族が増えているのか、それとも減っているのか、自分が何歳になるのか、どんな生活をしているのか、その辺りも含めてプランニングが必要です。

まずリフォーム業者を選ぶときに10年後の生活習慣などを含めて、何が不便でどうしたいのか。
これを明確に伝える為に明確にしておくことが失敗しない業者選びの第一歩になります。

コメント・メッセージお気軽に!

メールアドレスは公開されません。


*