リフォーム会社の選び方1

リフォーム会社の選び方1


リフォームをしたい方は失敗したくないという思いが強いです。
その後の生活や家族環境にも影響します。
そういった大規模リフォームを失敗しない為に、会社選びは非常に難しいです。
まず最初にリフォームと大規模リフォーム(リノベーション)の違いを知って頂くのが非常に重要です。

本来の正式な意味あいでいいますと、元々の形をそのまま再生することがリフォームで、リノベーションは付加価値を付けて再生する。
というのが本来の意味合いです。
ですので、大きな意味合いのことをリノベーションと言われていますけれど、
実は間違いで、台所だけでも付加価値をつければリノベーションと呼べます。

大規模リフォームで必要なノウハウは、特に施主にとって関連深いものをあげてみます。
①費用
リフォームというのは既存の住宅を解体してから、新しいものをやりかえるということになりますので、事前に把握できないことというのが殆どです。
ですのであけてみて腐っているとかこういうことはよく起こります。
ですが部分リフォームの場合ですと、そういう状態だったとしても、「追加はかかりますけれど、取り換えておきます。」くらいでおわるかもしれませんが、大規模リフォームの場合、そういう訳にはいかないことがあります。
大きな追加費用を請求されたりします。
例えば二階の梁までシロアリに食べられていたり、基礎の上に載っている土台が通常は105ミリの幅のものが横たわっているのですが、床をめくってみると、その3分の1くらいの薄いものであったり、そういうようなことが出てきた場合にやりかえないと耐震的にも良くないので、費用的にもかなりかかることになります。
ですのでそういった時に業者の対応が非常に重要です。
例えばそういう場合の追加費用は一切いりませんと言ってくれたらいいのですがそういう業者はかなり少ないです。

コメント・メッセージお気軽に!

メールアドレスは公開されません。


*