外壁リフォームの3つのポイント

外壁リフォームの3つのポイント


外壁のリフォームをするなら以下のポイントを押さえればお得に行えます。

ポイント①
・今の現状をしっかりと把握する
コーキングの剥がれ、凍害、汚れ・痛み具合などによって、どの外壁リフォームが適しているのかが解ります。
逆に状態によっては適用しない外壁リフォームもありますし、工事の仕方も変わってきます。
まずは今の外壁がどのような状態になっているかを、しっかりと把握しましょう。

ポイント②
・工事の種類
外壁リフォームには、大きく分けて3つのリフォームの仕方があります。
1、塗装・・・壁の上から重ね塗りの方法
2、張替・・・外壁材を剥がして新たな壁に張り替える方法
3、上から張る・・・外壁材を剥がさずにその上から張る方法

諸条件で比べてみますと、
『工事面積が150㎡の場合』

・工事費
塗装工事・・・¥765,000
窯業系の張り替え・・・¥2,450,000
金属系の上張り・・・¥1,950,000
樹脂製外壁材・・・¥1,170,000

・耐用年数
塗装工事・・・7年
窯業系の張り替え・・・15年
金属系の上張り・・・20年
樹脂製外壁材・・・30年

・メンテナンス
塗装工事・・・7年後塗装(ただし再塗装の場合持ちが短い)
窯業系の張り替え・・・15年で1回塗装必要
金属系の上張り・・・20年で1回塗装必要
樹脂製外壁材・・・¥0 『30年保証』

・年間当りの負担額
塗装工事・・・10.9万円/年
窯業系の張り替え・・・21.4万円/年
金属系の上張り・・・13.5万円/年
樹脂製外壁材・・・3.9万円/年

・30年間外壁にかかる合計費用
塗装工事・・¥3,270,000
窯業系の張り替え・・・¥6,420,000
金属系の上張り・・・20年で1回塗装必要
樹脂製外壁材・・・¥0 『30年保証』

目先の費用ではなくランニングコストで計算すると、使用する外壁材によって大きな差が出てきます。

ポイント③
・どんな外観にしたいかをイメージする
完成した時のイメージを膨らませると、素材やカラー選びも楽しくなると思います。
お家の大事な顔でもある外壁ですので、想いやイメージを業者へしっかり伝える事。
また、リフォーム会社によってはパソコンでCGパースなど作ってくれるところもあるので活用してみてください。
外壁が壊れたり傷ついたりしたものを、そのままにしておくと木造でも鉄骨の家でもそうですが、雨が侵入してくると住宅の大事な梁や柱が痛めてしまいます。
汚れだけではなく住宅を長持ちさせるためには、外壁のリフォームは必要になります。

コメント・メッセージお気軽に!

メールアドレスは公開されません。


*