余剰売電の仕組みとは?

余剰売電の仕組みとは?


住宅に設置した太陽光発電で作った電気は、まず家庭で使い、余った電気だけが電力会社に売れます。

今なら10年間高い単価で売れる契約を電力会社と結ぶことができます。
これは大変有利です。
太陽光パネルを出来るだけ多く乗せれば、発電量が増えます。
作った電気はまず家庭で使い、余った電気が売れるので、もし家庭で使う電気を減らせれば、売れる量が増えて収入がアップします。

そこでみなさんが活用しているのは、

①太陽光パネルの搭載量(10kw未満)を増やす。
長期間、収益上がる太陽光パネルを使い発電量を増やす。

②節電設備をつけ、使う電気を減らす。
この方法でみなさん上手く売電収入を増やされ、繰り上げ返済に回されています。

この記事を読んだ人はこんな記事も♪

コメント・メッセージお気軽に!

メールアドレスは公開されません。


*