ヒートショックと解決方法①

ヒートショックと解決方法①


ヒートショックの方程式

ヒートショック=体内環境×室内環境という方式があります。

そのなかで体内環境はお医者さまが見られるのですけれど、室内環境は建築に関係する方々が判断をして環境を整えるような対策をリフォームとして行っています。
室内環境とマイホームに潜む危険は冬ではヒートショック、夏には熱中症とふたつは大きく問題になっています。
住宅という切り口において防ぎ方を説明します。

室内環境を改善するという方法があります。
ガラスや設備機器、ガラスを内蔵した内窓、室内環境を整える方法は様々な方法があります。
そのひとつが冷暖房機器、内窓、断熱であったりします。
一番簡単な方法は冷暖房機器です。
例えば家が寒いという環境を簡単に解決するのは冷暖房機器というのがあります。
ただ、そのデメリットというのはあくまで足りない部分を補うという形になりますので
根本的な方法にはなりません。
値段が安い代わりに効果も少ないです。
断熱という方法ですが、窓ガラスや換気、断熱材やそういった様々な断熱をしなくてはならない所において活躍している部材に対して弱点を補ってあげる、という方法があります。
ただ、これは根本的な問題を解決するような対策により近いものではあるのですが、間違った治療法、間違った部分に行ってもその対処にはなりません。
手指を骨折したのに腕を治療した、みたいなことになる訳です。
共に一番危険な事は例えば家において少し寒い、暑いという小さな問題に対して、家が古いからといったせいにしてしまって、解体して新築にしてしまう、とか大規模リフォームしかありませんと極端な提案をする会社も多いというのが現状です。
問題自体が大きい小さいに関わらず、問題にたいしてどんな適切な処置がうてるか、というのを検討することが必要です。
そうしないと後々大きな問題になります。

コメント・メッセージお気軽に!

メールアドレスは公開されません。


*