玄関の取替工事のオススメ商品

玄関の取替工事のオススメ商品


玄関というと、家の顔と言われるくらい重要視する方も多いと思うんですが、玄関も年数が経ってくると、だんだん動きが悪くなってくるだとか、建てつけが悪くなったりだとかいう事が起こります。
大体の場合は部品の取替や細かな調整で修繕することが可能なのですが、25年・30年と永い年数が経つとデザイン性も古くなったり防犯性に問題があるとか、後は調整では直らなくなったなどで取替を検討される方が多いのですが、その時にオススメの商品がありますので、それを紹介したいと思います。

そのオススメの商品はリクシルというメーカーから出ているリシェントといった商品です。
このリシェントといった商品はリフォームに特化した商品になっています。
玄関も玄関ドア、玄関引き戸、勝手口、それぞれの商品をラインナップしています。
そしてあえてこの商品をオススメする理由というのが3点あります。

①価格
同等品でリクシルの新築向けの商品で比較して見積りを作ると、1割ぐらいリシェントの方が安く抑えれます。

②時間
新築向けの玄関サッシの取替の場合も、このリシェントの工事の場合も、どちらも1日の作業の終わりの時点で戸締りが出来るぐらいの所までは確実に出来ます。
それの作業時間が新築向けの商品に比べると、リフォーム向けに造られたこの商品の方が時間的には短時間で出来る場合の方が多いです。
カタログでは1日できちんと工事が終わりますと謳っていますけど、実際は外の仕上げの最終部分だけ2日目に残ることも中にはありますが、どちらにしてもリフォーム向けのリシェントという商品を使った方が時間的には早いです。

③仕上がり
新築向けの商品に比べると取替の工事が終わった後の仕上がりがリシェントという商品の方が綺麗に仕上がります。
どういった所の仕上がりかというと、玄関とその壁との境の所を綺麗に見せる部材がたくさん含まれています。

これから玄関の取替を検討されている方は、このリクシルというメーカーのリシェントという商品を候補に入れて頂ければどうかと思います。

コメント・メッセージお気軽に!

メールアドレスは公開されません。


*