みせかけの自然素材に騙されない

みせかけの自然素材に騙されない


現在の自然素材ブームに二つの大きな問題点があります。
ひとつは自然素材と称しているもののなかに、本当に自然素材と呼んでいいものか、と思われるものがあります。

もうひとつは自然素材の使い方がまったく間違っていることがあります。
自然素材を使われる多くの方はご家族に、喘息やアトピー、化学物質過敏症の方がおられます。
その為に農薬成分やケミカル含浸の建材を避けて自然素材を選ばれる訳ですが、この多くの自然素材に農薬やケミカルが添加している、そんな素材があまりにも多いことに憤りを感じます。

防虫、防腐処理をしている板材、防蟻防腐処理をしている土台、ウレタン塗装で呼吸を止めてしまっている床板、難燃処理、不燃処理をしているクロスやカーペット、一見自然素材に見せかけて、農薬素材やケミカルなどを浸み込ませて自然素材というのはおかしいです。

塗り壁に至っては自然素材というのはウソといってもおかしくない商品が多いです。
素人でも塗れる、作業性を良くするという目的で自然糊ではなく化学糊が使用されているものが
殆どです。
化学物質の糊を使用すると、静電気を帯び埃がつきやすくなります。
また、化学糊は素材の呼吸する機能を殺してしまいます。
また、ケミカルのまったく添加されていない自然素材を使われるそうし場合があります。

自然素材は生きています。
生きている呼吸が自由にできる環境を作らなければ、素材は窒息して死んでしまいます。
自然素材が呼吸できる環境、それは空気が淀まないで空気が常に流れている所、風通しが良く太陽の恵みが運ばれる所で使います。
風通しのいい間取り、床下や壁の中、天井裏にいつも空気が流れている、そうした住宅環境で使われるのがベストです。
もっと自然素材の活かした間取り、家の建て方でありたいです。

コメント・メッセージお気軽に!

メールアドレスは公開されません。


*