住宅の不健康サイクル

住宅の不健康サイクル


1980年代にアトピー性皮膚炎の原因は住環境にあるというマスコミ情報は、当時とても衝撃的でした。
今では誰でも知っているカビダニを含むハウスダスト、そのハウスダストがアレルゲンの原因になるということです。
その結果新築住宅の中から、畳やカーペット、カーテンが姿を消し、合板フローリングやアルミ製のブラインドが多く使われるようになりました。
カビやダニが巣食う材料をなくしていくという動きでした。
そして同時にカビダニをを殺す農薬が使われ始めました。
農薬製品がクロスなどの建材に多く含まれるようになってきました。
今度は農薬成分の化学物質が原因で多くの化学物質過敏症の患者が生み出されてしまいました。

それから一転し、農薬を含まない自然素材に眼が向くようになりました。
自然無垢の土台、柱など珪藻土などの塗り壁が注目され、今では自然素材ブームになっています。
アトピー、喘息、化学物質過敏症、と住宅環境の原因となる病気は複合化しており、しかしその原因と対策をみてみますと、木をみて森をみない。
場当たり的対処療法に終始しているとしか思えません。
現在の自然素材ブームも一見、本質的な改良をしたようにみえますが、使い方を誤るとカビやダニは自然素材に繁殖しやすいです。

しかも現実的に自然素材の使い方が間違っていることが多く、これでは再びカビやダニの問題が発生し、悪循環にもどる危険性があります。
最初の段階でのカビダニに対する対処方法が間違っていたのです。
カビやダニは太陽や風通しに弱いです。今の住まいは風通しが悪く、太陽の恵みが届きません。
そんな家づくりが原因といえます。

家の間取りのあり方や建て方で風通しがよく、太陽の恵みが行き渡るようにすればカビやダニの問題は発生しません。
農薬成分のケミカルも必要ありません。
風通し、空気の流れで太陽の恵みを運ぶ、こんな単純なことですが、現代の家づくりんは反映されていません。
それがアトピー、喘息、化学物質過敏症の悪循環になります。

コメント・メッセージお気軽に!

メールアドレスは公開されません。


*